インストラベル〜インスタ映え旅行のススメ〜

インスタ映えする旅行に関する情報を載せます!

【令和最新版】実際に行ってみたミャンマーのホテル

 

ミャンマーのホテルについて記載します。

 

ヤンゴン2泊

21HOSTEL

www.booking.com

ダウンタウンの近くで観光地のアクセスが便利ですが、もっとスーレーパゴダに近い方が便利! ナイトマーケットの近所なのはgood

値段は1泊1000円程度でダブルベッド一つの部屋。風呂トイレ共同で、裸足なのがちょっと気になるのでスリッパ持って行った方がいい

でもホスピタリティは神でした!初日の夜遅くにヤンゴンに到着して次の日の早朝のチャイティーヨ(ゴールデンロック)行きのバスが取れるか受付のお母さんに英語で伝えると、すぐにバス会社の人に電話して手配をしてくれました。

本当にありがたかったです。朝もタクシーをてはいしてくれます。(ただ、grabを使って手配してくれるので、自分でやるのと変わらなかった笑)

 

パガン2泊

バガンスターホテル

www.booking.com

 

一泊2000円はするものの、バガンではトップクラスに良いホテルです。

きれい、ひろい、快適です。

ただ、ランドリーサービスが一着1ドルとかいう地獄のような価格なので、裏手にある洗濯屋さんに持って行きましょう!半額以下でした。

また、隣には不定休のバス会社があるため、マンダレー行きのバスはここで手配しました。ホテル発向こうのホテル着で1200円でした。安すぎる。

 

朝食がとてもよかったです。屋上で食べるのですが、バイキング式で、オムレツは注文してから焼いてくれます。最高です。リッチマン気分を味わいたいならぜひ。

近所に美味しいご飯屋さんも多いです!

 

ホテル斜め向かいのhouseというタイガービールの看板が目印の地元民が集まる店と、sanonというプチ高級(一皿千円しないくらい)が徒歩圏内にあったので重宝しました。e-bikeのレンタルもしているのでいたせりつくせりです。

 

e-bikeはホテルで借りた方が良いです。なぜなら、一般のバイクレンタル屋さんは朝から7時?前には閉店するらしく、バガンではマストのサンセットとサンライズを見ることができないからです。ぜひ行ってみてください。

 

マンダレー1泊

ムーンライトホテル

www.agoda.com

 

ホテルの最上階に看板があるので、遠くからでもわかりやすいです。

例に漏れずここもホスピタリティが良かったです。部屋は1000円くらいでした。

チェックアウト後のバゲージプットオンだけでなく、シャワーも貸してくれました。

部屋も綺麗です。ただ、クーラーが部屋に入って鍵を刺した後点灯するのに5分ほど時間を要するので、暑かったです泣 まあ我慢できる範疇です。

 

王宮の近くで都心なので、飲み食いには困りません。また、e-bikeを貸し出ししているので、マンダレーの主要な観光地はすべて回れます。(結構遠いところも高速乗ったりしていったので楽しかったです。)

 

おまけ

ヤンゴン早朝に到着して、飛行機が夜だったのでどうしようかと思いましたが、

ホテルのロビー(カフェも兼ねている)に滞在でき、荷物も置けてwifi有るシャワーも借りれる神みたいなホテルを発見しました。(5ドル)

 

scott hostel

www.booking.com


 

ミャンマーは騙す人がほとんどいなくて、一人でも安心して旅行することができました。

良い滞在を!

 

 

 

 

 

 

 

 

【令和最新版】GWミャンマー旅程 移動手段

2019年5月GWにミャンマーへ一人旅したので、旅程を記します。

旅をする時って旅程決めるのが一番めんどくさいですよね。

ご参考になればと思います。

いつもは超過密スケジュールで回るのですが、24にもなったということでゆったり目に組んでます。(それでも普通に長距離バス3回乗ってる笑)

 

4月28日朝9時成田発(vietjet)

のはずが遅延で12時出発

トランジットミスると思いきやトランジットも遅延したので(vietjet)当日夜8時にヤンゴン

29日早朝から終日ゴールデンロック

30日夜8時にヤンゴン発夜行バス(jjexpress)極寒地獄なこと以外はめちゃ快適

1日朝バガン

2日終日バガン

3日早朝マンダレー行きのバス乗車

3日昼マンダレー

4日夜8時にヤンゴン行きバス乗車

5日早朝ヤンゴン着 夜7時ヤンゴン発で成田へ

 

ミャンマーでのsimは11GB1300円だったのでインスタし放題でした。

多少遅いものの、困らないレベル 

 

6泊7日でしたが、日中は寝れた?ので快適に過ごせました。

 

バガンマンダレー二輪車移動が盛んなので、とてもいい思い出になりました。(ホテルでレンタルしているところが多い)

二輪車が不安な方も、ライドシェアアプリgrabがヤンゴンマンダレーでは使えるので安心です。ヤンゴンの人は元々ぼったくり気質はないですが。ライドシェアアプリだとレートがわかるので安心ですよね。

バガンの交通手段は皆殆どe-bike(スクーター)なのですが、地球の歩き方に書いていたので初日は馬車に乗りました!風情があってよかったですが、二輪の方が気持ちよかったです。

 

夜行バスは日本のより快適なので、オススメです!jjexpress神です。

但し夏でもウルトラライトダウン必須です。また、現地であった日本人は酔ったと言っていたので私が旅慣れしているだけかもしれません。

でも、三列バスでとても綺麗で、添乗員さんの女の人もいます。他のブログでは夜中に強制的に降ろされると書いていましたが、そんなことはありませんでした。(私が爆睡してただけ?笑)

おまけに軽食セットもついてきます!(カップケーキと源氏パイが入ってました。)

源氏パイって自分で買わないけどもらったら嬉しいものランキング第2位くらいですよね。

 

バガンマンダレーは船で行こうとしていたのですが、雨季に差し掛かっていたため運行しておらず急遽バスを手配しました。10月ー2月が気温も心地よくていいかもですね

 

gwのミャンマーは常気温が40度あり、日中は活動できません。死にます。

仏塔が土足禁止(靴下も)なので、足が焦げます。 リアル焼き土下座状態でした。

 

 

 

 

【令和最新版】ミャンマーでインスタ映え旅行

第一回目はミャンマーです!(筆者がGWに行ったので笑)

2011年に開国してから急速に観光地化が進んでおり、今後はタイやインドネシアと並ぶ観光地となって行く予感がしております!

原アジア感を味わえる今の内に行ってみてはいかがでしょうか??

 

それでは映える順に観光地を紹介します!

 

1位 パガン

 
 
 
View this post on Instagram

#WeLoveTravelGirlsさん(@welovetravelgirls)がシェアした投稿 -

 
 
 
View this post on Instagram

Travel | Photography | Videoさん(@picturesque_world)がシェアした投稿 -

 
 
 
View this post on Instagram

MIKE & JEANIEさん(@the_backpackingcouple)がシェアした投稿 -

 

バガンでは乾季(10月下旬〜2月)には熱気球が盛んであり、めちゃめちゃ映えます!!

朝日とのマッチがとんでもねえです。

パゴダ(仏塔)からの写真がめちゃめちゃ映えるのですが、現在殆どの仏塔が地震の影響により登るのが禁止されています。(登山復活の動きも現地ではあるそうです)

 

登らなくてもこのように映えるので1番のオススメですよ〜

 
 
 
View this post on Instagram

Flash Packさん(@flashpack)がシェアした投稿 -

 

2位 シュエダゴンバゴダ(ヤンゴン

 

 
 
 
View this post on Instagram

Laura & Risto🌍 Travel Bloggersさん(@travellingfinns)がシェアした投稿 -

 
 
 
View this post on Instagram

Jelly Travels 🌍👫さん(@jelly.travels)がシェアした投稿 -

 

金ピカですね〜

仏教の聖地なのでパワースポットでもあります。

実際に行きましたが、1日ここにいてもいいくらい見応えがありました。

一生写真撮れます。キャパがえげつないです。

夜がオススメです!!ヤンゴンのど真ん中なのでアクセスも良好なところがgoodです!

出張でヤンゴンの人とかでもふらっと行けそうですね。

 

3位 ゴールデンロック(チャイティーヨ)

 

 
 
 
View this post on Instagram

Manchinskaya Elizaveta ✈️さん(@manchinskaya)がシェアした投稿 -

 
 
 
View this post on Instagram

☆┗ PJ ┓☆`🐒さん(@pjzzzaii)がシェアした投稿 -

 

齋藤飛鳥さんの聖地巡礼でもお馴染みのチャイティーヨです!

ヤンゴンから往復丸一日と過酷な旅になりますが、その分写真映え間違いなしの金色岩があなたを待ち構えています^^

あすかさん曰く、ガチでパワーがもらえる岩なそうなのでそれ目当てに行っても良いかもですね!

 

 番外編

 

マンダレー

ミャーテインタンパゴダ

 
 
 
View this post on Instagram

Erea López Troitiñoさん(@erealopeztroitino)がシェアした投稿 -

 
 
 
View this post on Instagram

Christopher Moonさん(@moon.christopher)がシェアした投稿 -

 

 個人的にはミャンマーで一番感動しました。。

諸事情で観光客のほぼいない午後が狙い目です。

現地の子供がインスタ映えスポットをすべて教えてくれます。

1時間つきっきり200円で100枚ほど撮影してくれました。笑

ただ、ヤンゴン、パガンの次の観光地なので旅程がゆったりじゃないと行きづらいですね。

でも、ぜひ行って欲しいです!!